ウメトバエワ・カリマン Umetbaeva Kalyiman

Umetbaeva Kalyiman(ウメトバエワ・カリマン)

キルギス(クルグズ)共和国ビシケク出身。

三弦楽器のコムズ、金属口琴、木製口琴などの伝統楽器の演奏家。

クルグズ国立音楽大学で民族楽器を専攻(コムズ科)。卒業後、音楽教師としてビシケク第65番学校で子供たちにコムズなどの民族楽器を教える。

2000年よりビシケク日本センターで日本語を学ぶ。2007年東京芸術大学音楽研究科へ入学するため来日し、2010年修士課程を修了(アイヌの竹口琴・ムックリ研究)、2014年博士号取得(クルグズ伝統楽器コムズ研究)。

東京芸術大学音楽研究科助手を経て、現在、東京音楽大学付属民族音楽研究所でコムズ講座を担当。

コムズの講師として活動する傍ら、クルグズおよび民族音楽の普及活動として演奏活動を行っている。

お問合せ・音楽家の派遣はこちらから

様々なイベントや、レストランのディナーなどで、プロの音楽家による生演奏はいかがでしょうか?

琴平メイ音楽事務所では、お客様のご要望にふさわしい音楽家のご紹介もしています。どうぞお気軽にお尋ねください。