May Kotohira

ARPISTS

ハープをより身近に感じて、その音色に癒されてほしい。

福岡県出身、3歳からピアノを始める。福岡教育大学在学中にオーストラリアキャンベラ大学で文化人類学、社会学を専攻。日本と海外との関係に興味を抱き、青年海協力隊に参加。

南米パラグアイ共和国で家政隊員として、女性の自立支援のプログラムに携わる。

パラグアイの楽器アルパ(インディアンハープ)に出会い、アルパ教育第一人者として有名なパピー ガランに師事。ポルカを中にクラッシック、ポップスなどを学ぶ。現在、各種式典、大使館のパーティ演奏。

各国大使館や老舗レストランでイベントを企画主宰。

アルパについて

アルパとは、スペイン語でハープのこと。南米には昔キリスト教を布教に来たスペイン人によりハープとギターが持ち込まれました。スペインの宣教師はハープとギターによる音楽で南米にキリスト教を布教しようとしたのです。

そうして南米それぞれの国にハープの楽器は根付き、独自の進化をしました。特にパラグアイ共和国ではギターのリズムに合わせてハープでポルカを奏でるスタイルが有名です。

弦の数が38-42本と音域が広く、透き通るような音色が特徴です。ボディには手掘りで彫刻を施してあり高級感があります

演奏実績

音楽家の派遣を承ります。

様々なイベントや、レストランのディナーなどで、プロの音楽家による生演奏はいかがでしょうか?

琴平メイ音楽事務所では、お客様のご要望にふさわしい音楽家のご紹介もしています。どうぞお気軽にお尋ねください。